病気があっても、できる旅行

旅行をするときに高速バスの利用

病気があっても、できる旅行
バスには幾つかの種類があります。良く利用するのが路線バスです。駅前から市内などの細かいバス停に行くことができます。ほとんどは市内から出ることはないので、長距離の移動をしようとするには向いていません。その他のバスでは高速バスがあります。こちらは一般的な街中ではほとんど見かけないかもしれません。都市部ではたまに見ることがありますが大きな駅の駅前などのみです。主に高速道路を利用して長距離を移動するためのバスです。

旅行をするときに高速バスを利用するケースがあります。観光バス、大型バスなどいろいろな言われ方をします。以前であれば4列で真ん中に補助席が付いているタイプが多かったですが、最近は3列タイプ、各席にテレビなどが付いているタイプ、トイレや洗面などが付いているなどかなり充実しているバスが多くなっています。

主要な都市を結ぶ高速バスは一日中運行しています。東京と名古屋や大阪を結ぶバスは昼間、夜間ともに非常に多く利用されています。一方で地方都市に向かうタイプは主に夜間を中心に運行しています。翌日の早朝につけるように夜に出発をし、適度に休憩を取りながら現地に向かいます。定期的に運行されているので、時刻表などを調べて利用します。