病気があっても、できる旅行

高齢者の旅行ではバリアフリー情報を得る

病気があっても、できる旅行
駅であったり公共的な施設ではバリアフリーに配慮した設備が増えています。都市部の主要な駅ではスロープが会ったり、エレベーターの設置が進められています。階段などであれば段差を解消する設備などがあるので、それらを利用すれば車椅子の人でも自由に移動ができます。新しく作られる場合は最初から考慮されますが、古くからある施設や駅の場合は新たに設置しないといけません。地方などだと必ずしも設置されていないことも多いです。

高齢者が旅行をするときにはバリアフリーの情報を得る必要があります。車椅子を利用する人はもちろん、段差があると歩きにくい人などがいるでしょう。その場合には何らかの設備が必要です。観光地であれば手すりがあるだけでも大きく異なります。階段が設置されているなど全く何もないところに比べると大きく利用しやすさが変わります。

旅館などであればバリアフリーにどのように対応しているかをホームページで確認できそうです。ただし全ての部屋で対応しているわけではないので、その部屋が利用できるかどうか聞く必要があります。観光地の場合はその観光地を管理しているところに聞くようにします。現地に行ってから移動がしにくいようなことがないようにします。

サイトリンク