病気があっても、できる旅行

国内旅行で一泊二日と二泊三日

病気があっても、できる旅行
普段の生活では自宅で休みます。夕食をとったり睡眠をとったりします。自宅ですからのんびりすることができるでしょう。それが自宅外となるとそれなりに疲れる場合があります。どれだけゆったりしているところでも普段と違うところでは気を遣う場合が出てきます。何日も外泊をしているとそれによって疲労がたまることがあります。国内旅行をするときには何泊する日程で計画を立てるのがよいかは重要なポイントになるでしょう。

気軽に行けるようなところで多いのは一泊二日です。現地の近くの宿泊先で一泊し、初日と二日目に観光などを行ないます。両日に移動も入れないといけませんからそれなりにハードな日程になります。初日はできるだけ早く出発して午前中、もしくは午後に入ってすぐぐらいに到着した方がいいでしょう。2日目も午後の早い段階で帰路に付く日程です。

2泊3日になるとかなり余裕を持った計画が立てられます。観光のメインを2日目にすることで、1日目と3日目は移動に使うことができます。それなりに遠いところでも問題なく行くことができます。その代わり2日宿泊することになるので宿泊先の選定をしっかり行なわなくてはいけません。食事や宿泊設備が参加者に合うようにします。

サイトリンク