病気があっても、できる旅行

旅行時に障害者専用席のある鉄道

病気があっても、できる旅行
一般の鉄道に乗る時、出発時に多少確認の時間を取ることがあります。車椅子の利用者のために駅員が対応をするためです。ホームまでは一人で行けるケースが多いですが、ホームと車両との隙間があると乗ることが出来ません。乗る時には駅員が準備をしてくれ、降りる駅でも応対してもらえます。都市部であれば当たり前の光景になっています。もちろん地方でも対応してもらえます。無人駅などだと運転士が行なってくれるところもあるでしょう。

日本の鉄道の中で最も設備が整っているといえば新幹線でしょう。ビジネスから観光まで多くの人が利用しています。旅行をするときに使うことも多くなりますが、こちらには障害者用の指定席が用意されています。車椅子で乗ることができ、車椅子を置くことができるスペースがあります。通常の座席よりも空間が広く取られています。

新幹線は国際的な鉄道といえるでしょう。海外から来た人も多く利用するとされています。駅も利用しやすいですが鉄道そのものも利用しやすいです。速さなどから別の交通機関を利用することもありますが、車椅子などを利用しているのであれば新幹線がよいかもしれません。新幹線は運行本数も多いので計画が立てやすくなります。

サイトリンク