病気があっても、できる旅行

寺社仏閣に旅行に行くときのバリアフリー

病気があっても、できる旅行
お寺や神社は古くから日本にあります。都市部にあっても中に入ると静けさが感じられ、お香の香りが漂う異空間になっています。有名なところもあれば無名のところもありますが、見学ができるところもあります。全国には寺社仏閣が多いところがあり、そういったところでは拝観ができるところがあります。かつては無料のところも多かったですが、現在は原則有料にしているところが多いです。観光客が増えるとそのための管理コストもかかるようになります。

旅行の目的地にも寺社仏閣の多いところを選ぶことがあります。一つだけに行くより、その近くを周ることもあります。寺社仏閣に興味があるとすると若い人よりも高齢の人かもしれません。中は日本的な佇まいの事が多いですが、そうなると必ずしも歩きやすい、移動しやすいとはいえないこともあります。砂利道や階段などもあります。

有名なところであればバリアフリー対策をしてくれています。もちろん景観を大事にした作りになっていて、見るからにバリアフリーの設備のようには見えません。拝観する予定のお寺の情報を事前に得ておきましょう。何らかの設置があればその旨を記載してくれています。記載がなければ直接電話などをして状況を尋ねます。